オフィスレイアウトを決める時の注意点

オフィスレイアウトを決めるためには、空間ごとに機能を決める必要があります。エントランス部分から作業を行うデスク、会議を行う会議室も必要になってきます。来客もあるため来客スペース、収納スペースも必要となってきます。また仕事を行うための場所ばかりではなく、リフレッシュコーナーを設けて、そこで気分転換を行うことができるようにすることもポイントです。これら空間の機能を決めるとその動線として人の動きを配慮したものを作ることも大切です。せっかく作った配置も動線がよくないとより手間が掛かってしまうことにもなります。その上でデスクレイアウトをどのようにするのか決める必要があり、一般的な対面型デスクを部門ごとに配置する方法や、ブース型といった集中して作業できる配置があります。

オフィスの配置や動線を考えること

エントランス部分がありますが、やはりそこは来客もあり、会社のイメージを出すところでもあり明るくきれいにしておく必要があります。その近くに来客スペースを作っておくと作業するデスクとは切り分けることができます。作業を行うデスクなど対面型デスク、ブース型デスクなど部門によっても変わってきます。営業など離席率が高いところはフリーアドレスといい、席を決めないという方法もあり、変わってカフェスペースをひろくとっているところもあります。スタッフなど事務部門はデスクで作業、電話応対も多く、社長や役員の会議などマネジメント的な業務も多いことになります。企画開発部門やIT関連部門では集中して仕事を行うことが多いため、ブース型デスクなど集中して作業を行い、コミュニケーションはカフェスペースで行うという方法もあります。

収納もオフィスレイアウトのひとつです

作業ばかりに目をとられがちですが、毎日発生する情報を保管するスペースも必要になります。特に書類の管理は事務部門では必須となっており、すぐにその書類を取り出すことができるということ、情報が漏えいしないようにすることもポイントになります。例えば個人情報の入った書類を保管する場合は鍵のついた収納スペースが必要になります。また書類を出し入れする頻度が多いところは行き来しやすい動線を考えて置く必要があります。メインとなる通路は2人が書類を持って行き来できるようにスペースを取っておくことも大切です。そしてオフィスレイアウトを考えるうえで休憩をとることができるスペースを取っておくことは大切です。自分の席ではリフレッシュすることが難しいため気分転換できるスペースを確保しておくことです。

オフィスのフロアデザイン・コンサルティングから、物件探しまで、お客様のニーズに合わせて幅広くお手伝い致します。 業務効率の改善だけじゃない、リクルート効果や強みを強化します。 世界中で活躍する日本企業のオフィス環境構築をお手伝いし、日本企業の業績向上へ貢献出来るサービスがメリットです。 経験豊富なコンサルタントがお客様のご意向と条件を伺い最適な環境構築いたします。 オフィスレイアウトで素敵な会社造りを