おすすめのオフィスレイアウトとは

勤務先の職場環境について、どの程度の方が満足しているでしょうか。優れた会社のオフィスの特徴は、「安全」であり「能率的」、そして「快適」であることです。この3種類の要素がバランスよく整っていれば、働きやすい空間に近づきます。その点から見れば、働きやすい事務所というのは、「安心して働けて、無駄があまりなく、仕事に対してやる気が起きる空間」と言えるでしょう。現在ある事務所の家具や、なんとなく決めていたレイアウトに合わせて働き方を変えるだけでなく、より一層快適に働けるようにするためには、職場の空間における配置デザインを再検討することが大切になります。世の中には、働く上での効率がアップしやすい配置デザインというものが存在します。そこで今回は、おすすめのオフィスレイアウトについてご紹介します。

コンセプトや目的によって適した配置は変わる

第一に、「どういったオフィスにしたいか」についてのコンセプトを決める必要があります。コンセプトが定まっていれば、「どんな配置デザインにすべきか」と後で迷った時も、一度コンセプトに戻って方向性を確認することができるからです。次に、ゾーニングを計画します。ゾーニングは、必要となる機能スペースの割り振りを大雑把に作ることです。業務効率がアップするレイアウトとしておすすめなのが対向式です。対抗式は、グループワークなど情報連携を重視する一般的なオフィスの配置として多く採用されています。対向式なら社員同士でコミュニケーションが取りやすくなりますし、各デスクの間に配線が通せるため、 配線の処理がしやすいというメリットもあります。この配置デザインは省スペースな上に、チームでの管理もしやすくなります。

コミュニケーション面や作業効率の面でオススメな配置

前後左右にいる人たちとコミュニケーションを取りやすくしたい場合には、スクール式がおすすめです。スクール式は同一方向に机を並べる配置で、受付や学校、金融機関などに用いられることが多いレイアウトです。従業員としては思考が必要な作業に打ち込みやすくなりますし、雇用者としては従業員の管理がしやすくなるというメリットがあります。また、コミュニケーションやプライバシーを確保したい場合は、背面式がおすすめです。背面式は机を前面にし、背を向けて着席する配置になります。座っている人の前方に人はいないため視線が合うことがなく、集中力アップにつながります。この他に、作業により集中できる配置には、左右対称式があります。左右対称式なら作業スペースを広く確保することができますし、前後左右の人とコミュニケーションも取りやすくなります。