オフィスレイアウトはここをチェックしよう

オフィスの移転や模様替えを行う場合、オフィスレイアウトも変更することになりますが、いくつかチェックしなければならないところがあります。そこで働く人が、快適に仕事ができるようにすること、仕事がはかどる、生産性が高くなることを目的に考えなければなりません。ひとつは気分的なものがあり、やはりきれいで開放感があるほうが仕事はしやすいということになります。もうひとつは物理的に動線がはっきりとしていることなど仕事に影響があります。最近は机で席を決めずに、その日に誰の隣に座るか仕事の内容などによって決めるという方法もあります。いずれも仕事をしやすくするということ、生産性を高めるということであり、オフィスレイアウトによってその内容が変わってくることになります。

レイアウトは来客と仕事のエリアを分ける

入口からいきなり仕事をしているところが見えるというのはあまり良くありません。できればエントランス部分と仕事をする部分を仕切って分けておくほうが仕事にも集中することができます。エントランス部分は会社のイメージもあり、明るい雰囲気にしておくことです。そこに来客スペースがあると商談を行うこともできるため気持ちよく商談を進めることができるようになります。エントランスから仕事を行う場所だけではなく、書類などを保管しているキャビネットなどの動線を考えることも大切です。メインとなる通路は人が2人行き来できる幅を確保しておくことが大切です。そして皆の席を邪魔しないようにキャビネットなど書類をとることができるようにします。人員の増減を考えてスペースを確保しておくことも大切です。

基本的なオフィスレイアウトの配置

仕事をするうえで、配置というのはとても重要なものです。たしかに最近は席を自由に座るというフリーアドレスという方法もあります。その配置は仕事の内容によっても変わってくるのです。コミュニケーションを取りやすくするためには対向式の配置として、前や横の人とコミュニケーションを取りやすくする方法があります。ブース型はデスクの周囲をパーテーションやパネルで囲うもので、周りの視線や会話を防ぐようにして作業に集中できるようにします。個人的に作業を行う場合に向いており、集中して仕事を進めることができるために、クリエイターやプログラマーに向いています。またチームで仕事をする場合、数人がブースに入るようにして仕事をしている時は集中し、振り向くとコミュニケーションをとることができるのです。